ドラッグストアがお届けする医師に関する情報サイト

医師の数

医師の数が不足していて社会的問題になっていることは、ニュースなどでもよく取り上げられています。私も大変な問題だと思っていました。『平成18年医師・歯科医・薬剤師調査の概況』を見るまでは・・・。そこに掲載されている医師の数のデータを過去のものと比較すると、その数は増えているのです。よく考えてみれば、医師国家試験の合格率は常に80%台か、それ以上。それだけたくさんの人が合格して研修を終え医師として働けるようになっているのに、それを上回る勢いで医師が退職をしているとは、考えにくいのです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

では、医師不足はなぜ叫ばれているのかなのですが、医師の不足を切々と感じる地域と、そういった緊迫感が感じられない地域があるということかもしれません。実際に、都道府県別に医師の偏在を見ると、一番多いのが京都で、地域としては近畿地方や中国地方、四国地方、そして九州地方と、西日本全体に医師が多いのだそうです。逆に少ないのは埼玉県で、東北地方や関東地方、東海地方では医師が少ない傾向にあります。これでは、医師不足が深刻なのは東日本の問題であって、西日本ではそうした問題を実感できない可能性もあります。医師の数は増えていっていますが、OECD(経済協力開発機構)加盟国の平均医師数に達するのは何年も先だと言われています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

日本の医師は本当は不足しているわけではないのかもしれませんが、もっとたくさんいても良いのかもしれません。

 

薬剤師国家試験