ドラッグストアがお届けする医師に関する情報サイト

医師になるには

医師になるためには、まず大学の医学部で世紀の医学過程(6年間)を修めて卒業する必要があります。その後は厚生労働省が行う医師国家試験に合格し、医師免許を取得しなければいけません。気になる合格率は、過去10年で80〜90%で、毎年7000人から8000人が医師国家試験に合格しています。医師免許を取得した後に診療に従事するには、最低2年間のン臨床研修を受けなければいけません。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

これは平成16年4月から必修となっています。臨床研修は、大学院や厚生労働省が指定する一般病院などで受けます。研修の期間には必ず指導医が付くようになっていて、初めの1年目は外科、内科、麻酔科を含む救急部門の3つの診療科目を回ります。そのうち、内科は6カ月以上経験したほうが良いと言われています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

そして2年目には小児科や産婦人科、地域保健・医療の4つを実際に体験します。研修期間については、それぞれも科目で1カ月以上は研修を受けることになっています。7つ全ての研修が終了後、希望する診療科での研修を受けられるようになります。それぞれの科目を短期間で回ることで医師としてさまざまな経験を積み、幅広く学べるというメリットがあり、専門知識に偏らない知識と技術を身に付けることが目的で行われています。しかし、すでに専門とする科目を初めから決めている医師としては、その専門の研修期間が以前よりも短くなるというデメリットもあります。

 

薬剤師国家試験